岐阜済美学院 創立100周年

中部学院大学・中部学院大学短期大学部 桐が丘幼稚園

menu

桐が丘幼稚園について

・4つのおやくそく・

  1. 1

    人間力を育てます

    自然体験やあそびを通して、「自ら考え、判断し、行動できる」力と「仲間とかかわり合う」力を育てます。生活の基本となる保育と、社会の変化に対応する保育を行います。

  2. 2

    個性を伸ばします

    英語教室、国語教室など様々な教室を通して、自立をはぐくみ集団の中で違いを認め、高めあえる人間関係を醸成します。

  3. 3

    表現力を高めます

    こいのぼりまつり、運動会、クリスマス礼拝、もちつき大会など四季の行事に参加することにより、その感動を身体表現、絵画、ことばあそびなどの表現力の高まりにつなげます。

  4. 4

    子育てを大切にします

    預かり保育(月~金)・子育て相談(定期開催)など、保護者の皆さまのニーズにお応えします。

・施設紹介・

・園の概要・

幼稚園名
中部学院大学・中部学院大学短期大学部附属桐が丘幼稚園
施設法人
岐阜済美学院
理事長
片桐 武司
園 長
清水 優子
所在地
関市桐ヶ丘2丁目2番地
連絡先
TEL. 0575-24-0628
FAX.0575-24-7911
メール
kirigaok@chubu-gu.ac.jp
URL
https://www.kirigaokayouchien.jp
施設認可
1963年12月20日
開 園
1964年4月9日
定員総数
200人

・先生紹介・

園長先生

園長 清水 優子

園長ごあいさつ

ひとり一人はかけがえのない存在
みんな違って みんないい
ひとり一人の顔が違うように、よさや輝きも違います
お子さんの伸びようとする芽を大切に、寄り添える教師
広い園庭や自然豊かな環境は学びの宝庫
感動や発見のある幼稚園生活がお子さんをいっそう輝せることでしょう。

幼稚園でのお子さまの発達の過程
不安でおうちの方が恋しい時期を超え
先生と一緒にできた喜び体験を積み重ね、幼稚園が好きになる時
一人でできた自信からお友だちへの関心が高まり、優しさが溢れる時
思うようにできない自分と向き合い葛藤する時
年長の頃には、お兄さんお姉さんという意識が高まり、自覚でチャレンジ意欲が高まる
そして、小学校へのあこがれをもって卒園します。

幼稚園はお子さまが初めてで出会う学校です。しかし、小学校のように教科書があるわけではありません。幼稚園では、先生や環境そのものが教科書なのです。

お子さまの発達を一緒に見守り、今付けたい力は何かを探り、子育てをしましょう。
子どもの成長を見ることができるのはうれしいことです。子育てを楽しみましょう。

  • 副園長 堀部先生

  • 主任心得 武井先生

  • 佐藤先生

  • 井戸先生

  • 後藤先生

  • 古田先生

  • 河口先生

  • 黒木先生

  • 金竹先生

  • 園務職員 日高先生

  • 給食調理員 深貝先生

  • 給食調理員 小川先生

  • 給食調理員 江崎先生

〒501-3938 岐阜県関市桐ヶ丘2丁目2番地
TEL.0575-24-0628

[ 8:30〜17:00(平日)]

お問い合わせ